石田省三郎写真集「Radiation Buscape」



"見えないものに影響された風景の記録。”

 2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震に伴う巨大津波に襲われた「福島第一原子力発電所」は、原子炉建屋の水素爆発、メルトダウンなどにより、大量の放射性物質を大気中に拡散させた。
 放射線という眼に見えない物質によって、人々は住み慣れた故郷から立ち退くことを余儀なくされ、「帰還困難区域」に指定された地域は、未だに放置され、将来の見通しも立っていない。
 事故からちょうど5年目にあたる2016年、一年あまりをかけて、この地域を縦断して走行する代行バスの車窓から、道路沿線の現状の撮影を継続した。
 走行するバスの車窓からの視角・視点という限られた撮影条件の中で、ようやく切り取ることができる景観であっても、そのディティールから、原子力事故の不条理が浮かび上がってくると考えたからである。
 バスは、北上するにしたがって、「避難指示解除準備区域」、「住居制限区域」を通過して、「帰還困難区域」にいたる。
 時折、放射線量のを示す標識があり、3.5μS/h近くの数値を示す
 しかし、当然のことながら、その放射線自体は、目にすることはできない。いわば見えないものの影響を写したのがこの作品である
 バスからの光景は、誰もが行きさえすれば見ることができる。しかし、その開かれた光景にすら、東日本大震災後には何らかの「目に見える」変化があるはずである。
 1枚1枚の写真のなかに現れているはずの微妙な変化に目を留めていただければ幸いである。

ブックデザイン:鈴木一誌、山川昌悟
編集:タカザワケンジ
文:タカザワケンジ、石田省三郎
英訳:ハート・ララビー
協力:shashasha 写々者
製版・印刷:光陽社
発行:IG Photo Gallery
価格:3,000円+消費税

お求めは、
info@igpg.jp
へ、メールタイトルを『「写真集」購入』として、送付先を明記してお申し込みください。

お送りいただいた個人情報は、ギャラリーの案内に利用させていただく場合があります。